投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

K塾(黒川塾)

K塾(黒川雅之さんの塾)に行ってきました。
以前から行ってみたいと思っていたんですけど なかなか機会が無く今回が初めてでした。
今回の塾のテーマは「生きること、死ぬこと」
テーマにちょっとびっくり。 内容もデザインという感じでは無かったのですが、 聞いていて面白かった&考えさせられました。

メモ ・建築とはホッとするところ  人間は生まれながらに不安な生き物、  不安だから宗教、戦争、恋愛などをする ・一本の柱でホッとさせることができる  一本の柱が建築の原点 ・命が元気であるには、”不安であること”、”悲惨であること”  ”飢え”がないと命は元気にならない  おなかがすかないとおいしい料理も食べないのと一緒のように ・メメント モリ 死を思うことによって生を強く感じること ・今の中に過去も未来もある(東洋的な考え)  日常は非連続な連続体 ・Gマークのように”良いもの”と”悪いもの”を区別するのではなく、  ”美しいもの”を考えた方がいい ・ディテールにこそ真実、哲学、思想がある ・悲しみが多いだけ喜びがある  悲しみも無ければ喜びも無い  どっちの方がいい?? ・先延ばしにしないでやりたいことをやるべき  いまを生きる

最後の言葉で自分もいろいろと 先延ばしにしてやっていないことが多いと反省しました。 まだまだ好奇心いっぱいで 知りたいことだらけ、やりたいことだらけです。

Recommended book 2

イメージ
最近読んだ本で良かったもの 二つとも流行から遅いけど読んでみました

一冊目は ”フェイスブック 若き天才の野望”
ファイスブックの成り立ちなどが語られた本で、
その企業としての哲学、理念などが理解できてる。
特に創立者であるマーク・ザッカーバーグの考えや信念、
成功するまでどれだけの人を巻き込み巻き込んでいくか、
また世の中の仕組みと戦ったり貫き通した。
ただ単にプログラムを作ったりSNSを作ったからでは成功出来ないかとわかる。


・本書より
「ぼくは会社を経営したいわけじゃないんです。
 ぼくにとってビジネスというのは、ぼくの考える目標を
 達成するための手段に過ぎません。」

「難しいのは機能を追加することじゃない。
 どんな機能をつけないか、なんだ。」

「Don't be lame(ダサい奴になるな)」
⇒みんながやれと言うからというだけの理由で何かをするな。
⇒意味のある何かをするために、正しいことをして失敗するほうが、
 大きくてつまらない会社になるよりはいい





二冊目は ”ココ・シャネルという生き方”

「ココ・シャネル」のことについて書かれている本で、 シャネルの生涯や女性としての生き方、シャネルのメッセージなど が書かれている本でとても刺激的だった。
これまであまり女性の生き方や考え方を テーマに取り扱った本を読んでいなかったけど この本は本当に良かった
ファション界に革命を起こしたこと、
それは自分の信念を貫き通しただけ。 型にはまった考え方や、
一度手に入れたものを絶対手放したくないという人たちを嫌い、
常に進化し続ける姿勢を貫いたから、
あんなに魅力的な存在になったのだと思いました。

・本書より
「自分のためにそれをする、自分の着たい服を作る」

「つねに除去すること。つけ足しは絶対にいけない」

「規格品の幸せを買うような人生を歩んではいけない」

「あたしは自分で引いた道をまっすぐに進む。  自分が勝手に選んだ道だからこそ、その道の奴隷になる。」

Museum(ホキ美術館)

イメージ
千葉にある”ホキ美術館”に行ってきました。
若干遠かったけどすごくいい美術館でした。 個人的にとても好きです。
建築物が凄く良くて 中のギャラリー空間は見応えがありました。




ホキ美術館は「日本の現代作家による写実専門の美術館」で
絵も見ていて奇麗なものばかり。
かなりオススメな美術館。