Reframing








ヤマケン展2013「シメマス」に行ってきた時に聞いた
山崎先生の講演のメモを(ちゃんと取れていないかも)。

・ビジョンを提案する事が大事
 問題解決をするだけではなく、本質をつかんでビジョンを提案する。
 →ビジョン提案型デザイン手法。

・プロトタイピングアプローチ
 先生は「大学と企業」の組み合わせによるプロトタイプアプローチングをしている。

・大学や企業の方等やっている事、発想ブートキャンプ
 →5時間で7つの発想手法を実際にやってみる。
  インプロビゼーション、最悪トラベル、ファンンド・オブジェクト、
  シナリオグラフ、リフレーミング、マトリックス型体験発想、構造化コンセプト。

・リフレーミングが大事
 リフレーミングとは新たな観点(フレーム、枠組み)で状況を捉える事。
 同じ物事でも、観点を変えるとある角度で見たら長所となり、また短所にもなる。 

・リフレーミングには意味のリフレーミングと状況のリフレーミングがある
 意味のリフレーミングとはある状況に対して意味付けを変える事。
 状況のリフレーミングとは意味は変えずに状況を変える事。

・リフレーミングが新しいものを作る
 企業などにいるとそのやり方や考え方(フレーミング)が染み付いてくる。
 社会やコミュニティー、海外文化などいろいろな繋がりを持つ事が大事。

コメント

このブログの人気の投稿

CONTAX ST

photo exhibition〜キッカケ展〜

TAKUJI YAMADA