活動報告:3週間のインターンシップ


3週間のインターンシップが今日無事に終わりました。
忘れないうちに感じたこと、考えたことなどをまとめておこうと思います。

【全体を通して】
かなり頭と手を動かした3週間だったと思います。
いつもの課題製作はアイデアを出すところや製作に時間をかけていたが、
今回のインターンシップではまとめやプレゼンの資料づくりに時間を使いました。
一つの言葉にしてもプレゼンにのせるページにしても
担当者の方にご指導いただき、今までとは違った意味で苦労し勉強になりました。
文章能力あげないとと感じました。


【良かったこと】
インターフェースの考え方やアプローチ方法などを学べたこと。
一つの画面にしても見てしっかり次の行為を誘導できるような工夫などが
凄く大切になってくるのだと改めて感じた。
また提案内容の「価値」とは何かを常に考えてそれを示し、
インターフェースをつくって行くことが必要だと感じました。


【反省点】
しっかり計画立てはしたがプラン通りに行かずにかなり苦戦しました。
PDCAのサイクルを日頃から心がけたいです。
またテーマの軸に何があるのかを意識して
プレゼン資料をしっかりつくらなければと反省しました。
また提案においてはプロダクトの形やUIでしっかりと伝わるような解決法を考えなければと思いました。


【その他】
やはり会社によって雰囲気、空気などが全然違うと改めて感じた。
発散させようとする気持ちとまとめようとする気持ちの衝突が自分の中でありました。
うまくまとめることは大切なことだとおもうんですが、
自分の考えるピュアな気持ちの部分を大切にしたいとも感じました。
あと楽しむことを忘れてはならないと感じました。


今後今回の経験を活かしてデザイン活動をおこなっていこうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

photo exhibition〜キッカケ展〜

CONTAX ST