レポート:人間中心設計特論07

今回の授業は「Edward Tafte」さんについて


【第7回】
エドワード・タフテ


エドワード・タフテはインフォメーションデザインをされている方で
主な活動は10年に1度本を出すだけらしい。
(今までで4冊だけしか出していない)




また先生の話では今は
情報から彫刻を作っているらしいです。

そんなエドワード・タフテの手法の紹介



上が紹介している本


「Envisioning Information]
・情報を強調する
・パッと見たときに何かを強調
・距離が近かったり遠かったりで情報の強調を行う


「Escaping Flat」
5つのデザイン方法

1,MICR/MACRO Reading
 ミクロとマクロの関係性をデザインする。
 小さいところと大きいところをデザインする。

2,Layering and Separation
 レイヤーを使って分ける事で情報を豊かにする
 
3,Small Multiples
 一つだとわからない情報もたくさん並べることで
 いろいろ見えてくる
 比較をしながら見る
 比較をすると見えてくる

4,Coler and Infomation
 色を加えると伝える情報を加えることができる

5,Narraties of Space and Time
 図を使うことによって分かりやすく情報を伝える
 軸を使って分かりやすく見せる
 X軸、Y軸に何をとるのかが重要



先生の授業で何回か聞いて少しずつ学んできているが
実際に使おうと思うと難しかったり、うまく使えなさそうな気がします。

積極的に日々形にしていき学びを増やしたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

CONTAX ST

photo exhibition〜キッカケ展〜

TAKUJI YAMADA