レポート:特別講義 黒川雅之さん

特別講義で黒川雅之さんのお話を聞きました。
途中からの参加でしたがとても面白かったです。


忘れないうちにメモ
・相手に聞く耳をしむけるようにするのがデザイナー
 聞く耳を持たない人に何を言ってもダメ

・「平均的にできる」より「飛び抜けたものを持ってる人間」の方がクリエイティブ

・「売れる物を作る」より「作りたい物を作る」




また最後に黒川さんの「K」というブランドの姿勢、方針を教えてくださいました。

1、つくりたいものをつくる/商品はメッセージと考える、商品は作品である

2、愛せるものを作る/物と人との関係を再考する物から疎外を逃れる、フェティシズム

3、職人主義/職人は素材との会話で世界を探り、素材の中に人や世界を発見する

4、編集という創造/つくる組織・構造。つくり手の経営への参加

5、国際商品/ニッチ&グローバル。世界を対象にして自分と世界と名前の商品への明記

6、アライアンス/つくる組織・構造。つくり手の経営への参加と名前の商品への明記

7、雑貨/領域の確立できないデザイン小物や家具以前の存在への関心

8、デザイナーズ・ブランド/黒川雅之の新作・復刻・編集・企画・選択による作品に限定

コメント

このブログの人気の投稿

photo exhibition〜キッカケ展〜

CONTAX ST

Museum -MOT-(館長 庵野秀明 特撮博物館)